十種神宝 中学国語の基礎・基本

永く公立小中学校にお勤めだった稗田先生からお聞きした、国語の授業のことなどを書き留めました。

十種神宝 中学国語の基礎・基本 イメージ画像
稗田先生からお聞きした、中学校の国語の授業メモです。
HP「十種神宝 中学国語 学習の手引き」の下書きになっています。興味のある方はこちらをご覧下さい。https://y-oono.jimdofree.com/
このブログで紹介した教材の学習プリントをおわけします。興味のある方はこちらをご覧下さい。https://kandakara.booth.pm/

 

更新情報

この内容をもとにしたワークブック(定期テスト予想問題付)を販売します。興味のある方は、こちらへどうぞ。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 指導の最後で取り扱うのは「主題を考える」授業です。「主題」とは 私たちは、文学的文章読解を行う際に、辞書的に「
『「盆土産」3 授業の実際 「主題」を考える』の画像

この内容をもとにしたワークブック(定期テスト予想問題付)を販売します。興味のある方は、こちらへどうぞ。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「盆土産」の指導事項はア 抽象的な概念を表す語句や心情を表す語句などに注意して読むことイ 文章全体と部分との関
『「盆土産」2 授業の実際 「だれ」を考える』の画像

この内容をもとにしたワークブック(定期テスト予想問題付)を販売します。興味のある方は、こちらへどうぞ。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 『盆土産』の指導事項は、光村図書の指導計画によると、いずれも「C 読む」領域で、次の内容となっています。ア 抽
『「盆土産」1 授業の実際 「いつ」と「どこ」をつかむ』の画像

このブログに書かれた内容を、更に詳しく説明した冊子を作りました。興味のある方は、こちらをご覧下さい。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・現代文学とは、自分と同時代の文学、現在の文学という意味です。普通、第2次世界大戦の終わった 1945年以降の作
『現代文学教材の時代背景』の画像

この物語は主人公の目線で書かれている一人称小説です。主人公から見た物語ですから、主人公に都合がよいように書かれています。まず最初の教室の場面で、主人公は教室窓側(廊下と反対側)後方の座席に座っています。詳しくはこちらかこちらを参照。ここに戸部君がやってき

↑このページのトップヘ