十種神宝 中学国語の基礎・基本

永く公立小中学校にお勤めだった稗田先生からお聞きした、国語の授業のことなどを書き留めました。

十種神宝 中学国語の基礎・基本 イメージ画像
稗田先生からお聞きした、中学校の国語の授業メモです。
HP「十種神宝 中学国語 学習の手引き」の下書きになっています。興味のある方はこちらをご覧下さい。https://y-oono.jimdofree.com/
このブログで紹介した教材の学習プリントをおわけします。興味のある方はこちらをご覧下さい。https://kandakara.booth.pm/

 

更新情報

魯迅の故郷 紹興の風景前回の続きです。第4時 ルントウに会う 前時までに学習した内容をまとめると、以下のようになります。 「私」が「望」んでいるのは「美しい故郷」であり、 現実の風景や状況は「美しい故郷」を見失っている状態(失望)であること。 「美しい故
『「故郷」4 授業の実際…主題にせまる授業の展開』の画像

指導事項 「故郷」は、すべての教科書に載っているスーパー教材です。 光村図書によれば、この教材の指導事項は次の内容です。ア 文脈の中における語句の効果的な使い方など、表現上の工夫に注意して読むこと。イ 文章の論理の展開の仕方、場面や登場人物の設定の仕方を
『「故郷」3 授業の実際…5時間で単元を終わらせるために』の画像

 暑い夏休みが終わり2学期が始まって数週間が経とうとしています。 中間テストを目指して確実に授業を進め、文化祭に向けての準備も進めていかなくてはなりません。 そんな忙しい日々の中で 「何となくやる気が出ない」「仕事で嫌なことがある」「同僚や生徒との人間関係
『私たちにジャムおじさんはいない……愛と勇気でリフレッシュしよう!』の画像

「希望」とは 辞書的には「こうなればよい、なってほしいと願うこと。また、その事柄の内容。」「望みどおりになるだろうというよい見通し。」とあります。 文化祭でよく歌われる合唱曲でも「希望」というフレーズはとても明るい前向きな意味として使われることが多いよう
『「故郷」2 知って得するプチ知識……えがかれた三つの「望」をふまえて』の画像

 文学的文章読解のポイントとして「いつ」「どこ」「だれ」をまず明らかにする、というのがあります。 「故郷」が発表されたのは1921年。その前年に作者魯迅は紹興に帰省していますから、その時のことがモデルになっているのかもしれません。 1920年代といえば、第一次世
『「故郷」1 知って得するプチ知識……時代背景、わかりますか?』の画像

↑このページのトップヘ