「扇の的」の成功確率

那須与一は、高さ30㎝以上幅50㎝以上の扇の的に、70~80mくらいの距離で命中させていますが、どのくらいの成功確率だったのでしょう。
全日本遠的競技会優勝経験者数名で実験したところ、五分の一の確率で成功したそうです。
また、テレビ番組でも実験したところ、成功しています。
(テレビですから編集したでしょうけどね。)
images (2)
気象条件や弓矢の性能等を考えると、与一は名人には違いありません。
しかしMissyon Impossibleなものではないようです。5回に1回は成功が期待できるのですから。

戦に明け暮れた当時の武士たちの中では、
「弓の名人ならば、運が良ければ命中させることができるかもしれない」
くらいの意識だったのではないでしょうか。

なぜ平家は「扇の的」を挑んだか

『源平盛衰記』によると、

この赤字に金の日の丸の扇は、安徳天皇の父親である高倉院が厳島神社に奉納したものです。
平家が都を追われたとき、厳島神社に立ち寄り、神主から
  • この扇には高倉院の気持ちがこもっていて、これを持っていれば敵が矢を射かけてもUターンして射た人にあたる
と言って渡されました。
そこで、この扇を的にして、平家が勝つか源氏が勝つかの占いをしよう、ということになったのです。
平家は「高倉院のご加護があるので、源氏の矢はあたらない。占いは平家の勝ちとでる」と思ったのでしょう。

そしてもう一つ、この扇は射ることがはばかられる要素がありました。

それは、真ん中に描かれている金の丸です。
これは日輪を表します。
ダウンロード (2)
『源平盛衰記』でも、与一は「日輪が描いてあるので、射るのは畏れおおい」と、日の丸を狙わずに扇の要を狙います。

中国の故事に太陽を射る話がありますが、これは一度に10個も太陽が出たため人々が干ばつに苦しんでのことです。
太陽に対して、単純に「射ることは畏れおおい」と考えただけでしょうか。

赤地に金の日の丸というのは、赤は朝廷の色、金は太陽の象徴とされています。そして太陽神アマテラスの直径の子孫である天皇も、太陽の象徴と考えることができます。
そのため、赤地に金の日の丸のデザインは、後に「錦の御旗」と呼ばれる天皇旗となります。
ダウンロード
この時、平家は安徳天皇を奉じていました。
一方、後白河法皇は安徳天皇の弟、後鳥羽天皇を立てましたが、彼は天皇の継承に必要な三種の神器は持っていませんでした。

平家には三種の神器を持つ安徳天皇こそが正統な天皇であるという思いが強かったのではないでしょうか。

そして、天皇の象徴とも見える赤字に金の日の丸の扇を出し、
「三種の神器を所持する正当な正統な天皇に『弓を引く(反逆する)』つもりか」
と、源氏を挑発しようとしたのかもしれません。

これを察した弓の名人の上級武士達は「扇を射よ」という義経の命令を断り、
一番下っ端の那須与一にお鉢がまわってきたのかもしれません。

ちなみに、歴史上最初に「錦の御旗」を使ったのは、くだんの後鳥羽上皇です。
時の執権北条氏に反旗を翻した承久の乱で用いました。

何か因縁めいていますね。

平家は何に感動したのか

 『源平盛衰記』では、与一が扇を射た後、扇をセットした女房、玉虫の前が次の歌を詠んでいます。

  • 時ならぬ花や紅葉をみつるかな芳野初瀬の麓ならねど(その季節でもないのに、桜の花や紅葉の舞い落ちる様子をみたことだ。ここは桜や紅葉の名所の芳野や初瀬の山の麓でもないのに。)

  与一は、扇の要の少し上を射切りました。童謡『紅葉』ではありませんが、
ダウンロード (3)

  •  溪(たに)の流に散り浮くもみじ/波にゆられて はなれて寄って/赤や黄色の色さまざまに/水の上にも織る錦(にしき)

 と、錦地に金の扇が要の部分を射切られて海に舞い落ちる姿を紅葉に見立てたのでしょう。


見立て遊びは、平安貴族の基礎的素養です。どっぷりと貴族化してしまった平家の特徴がよくあらわれています。

なぜ平家の男は射殺されたのか


 『源平盛衰記』には、次のように書かれています。

  • 平家の男が舞を舞ったとき、源氏の中で「射殺すべし」と「射てはならない」という二つの意見がありました。「あんなに感動している者を射るのはいかがか。だいたい与一は的にあてるほどの技量であるので、殺してしまうことになる。」というのが「射てはならない」という理由です。一方「与一は扇に当てはしたが敵を倒したわけではない。まぐれ当たりと言われても面白くない。」というのが「射殺すべし」の理由です。そしてすったもんだの末、「情けは一時の感情だ。今は一人でも敵を倒すことが大切だ。」ということに決まり、射ることになりました。

そういうことで、やりきった感満載のドヤ顔をして帰ってきた与一は、また海の中へ行かされることになったのです。

ですから最後の部分の「あ射たり」も「情けなし」も、『源平盛衰記』では源氏の言葉として書かれています。


「敵を一人でも多く殺すことが戦である」
と考えた源氏は、貴族化した平家と違い、徹底したリアリストですね。

まあ、だいたい那須与一自身、実在したかどうか疑わしい文学的文章ですから、本当はどうだったかは、それこそいろいろな解釈ができると思います。
迂闊に定期テストに出題しないことをおすすめします。