バブルが完全に崩壊し、日本の不景気が始まりました。
またイラク戦争が盛んになりました。

日本では、阪神淡路大震災やオウム真理教によるテロ等、社会的にも不安・不安定な時代となりました。
images (7)
    
1995年(H7)に、阪神淡路大震災・地下鉄サリン事件が起こります。

また、プリクラ、携帯電話が普及したのもこの時代です。

この頃に生まれた人は「ゆとり世代」と呼ばれ、現在20歳代です。

 「ゆとり教育」を受けて育った世代です。

ゆとり教育は87年生まれの人が中三の時に始まり、2001年生まれの人が小一の時に終わります。
1年でもゆとり教育を受けた子どもは十五学年にも及びます。
義務教育の九年間が全てゆとり教育(移行措置を含む)であったのは、95年と96年生まれです。

平成不況、リーマンショックの中でデフレが進みました。
学校は土曜日を休みとして完全五日制となりました。
同時に学力は低下し、校内暴力は増加し、就職も2003年には大卒の就職率が過去最低の55%までに落ち込みます。
そして激戦を勝ち抜いて就職したにもかかわらず、社会に出てもすぐに辞めてしまう者が多いことが問題になりました。

この世代の特徴としては、全体的にゆるい繋がりを大切にすると言われています。
「指示待ち人間が多い」「常識知らずで、自分中心に世界が回っていると考えている」「自信満々だが実践力がない」「打たれ弱い」などなど。他の世代から滅茶苦茶に言われていて、
結局、何を考えているのか他の世代からは理解されず、宇宙人とも呼ばれています。(意見には個人差があります。)

マンガ『クレヨンしんちゃん』の主人公野原しんのすけはこの頃生まれています。