images (3)

懇談会が始まり、いよいよ受検校を決める時期に来ました。

私のいる県の公立高校は、前期入試と後期入試があり、特に前期入試には「志願理由書」を願書と一緒に提出させる高校が半数以上あります。

提出期限は迫っているけど「志願理由書」って、どう書いたら良いのだろう……

そういう疑問に答えるために作った解説書です。
これは、某県の某地方の公立高校前期入試に対応したものをもとに書かれています。
平成30年度の受検生に向けて書いたものですから、少し内容が変わっているところもあります。
しかし、基本的な書き方はまったく変わっていませんから、参考になると思います。

高校入試は、高校が生徒を選び、受験生は選ばれる立場にある制度です。
ですから、入試で勝利をつかむには、自分が選ばれる人材であることを最大限アピールしないといけないのです。

その高校が求ているのはどういう人材かを知り、それを「志願理由書」に反映させる書き方を知ることはみなさんの大きな力となります。
また「志願理由書」は「面接・作文」とセットで考えていく必要があります。
このやり方を具体的に解説してあります。

なお、この書き方は合格・不合格を保証するものではありません。書いて提出するのはあなたです。あくまでこの文章は参考として考え、合否の結果は自己責任でお願いします。

興味のある方はこちらへどうぞ。