十種神宝 中学国語の基礎・基本

永く公立小中学校にお勤めだった稗田先生からお聞きした、国語の授業のことなどを書き留めました。

十種神宝 中学国語の基礎・基本 イメージ画像
稗田先生からお聞きした、中学校の国語の授業メモです。
HP「十種神宝 中学国語 学習の手引き」の下書きになっています。興味のある方はこちらをご覧下さい。https://y-oono.jimdofree.com/
このブログで紹介した教材の学習プリントをおわけします。興味のある方はこちらをご覧下さい。https://kandakara.booth.pm/

 

生きる力

「情報処理能力」と「情報生産能力」の違いとは何でしょう。これはマーケティングの世界では有名な話です。・・・・・・・・・・靴のセールスマンが2人、南洋の孤島を訪れた。島の人たちを見ると、皆が裸足である。そこでひとりのセールスマンは、本社に次のような手紙を出し
『南の島の靴のセールスマン……情報処理能力と情報生産能力で十分なの?』の画像

OECD(経済協力開発機構)によるPISA(学習到達度調査)の結果が発表されました。日本では「読解力」の低下が著しいという結果がでました。PISAの結果が悪かったために、若い先生たちが当時学んでいた「ゆとり教育」の見直しが行われたのはご存じの通りです。そして今、教育
『「読解力」急降下……PISAの成績はなぜ伸びないのか』の画像

 1990年代バブルが完全に崩壊し日本の不景気が始まった頃、 阪神淡路大震災やオウム真理教によるテロ等が起こり社会的にも不安・不安定な時代となりました。 『クレヨンしんちゃん』の主人公野原しんのすけ君はこの頃に生まれています。©臼井儀人/テレビ朝日 「ゆとり教
『ゆとり世代と言われる先生たち、恥じることはありません。……ゆとり教育って何だったんだろう』の画像

 「キャリア教育」の一環として職場体験学習が各校で計画されています。 1960年代、池田勇人内閣は「働くということは、はたを楽にするということでございます」のキャッチフレーズで「所得倍増計画」を掲げ、高度経済成長をもたらしました。 この当時は、キャリア教育は
『働くって、はたを楽にすること?……キャリア教育と職場体験学習』の画像

 令和の御代になりました。ここで戦後の指導要領の流れをごく大雑把に復習してみましょう。 偏見に近いような個人的な見解も入っているかも知れませんが、ご容赦ください。   1950年代、学習指導要領試案等に見られるように、デューイの経験主義教育が流行しました。子
『学習指導用要領に歴史あり』の画像

 高校にとって、その生徒の卒業後の進路はとても重要です。 なぜなら、その高校の評価は、卒業生の進路で決まるという面があるからです。 ですから、 より偏差値の高い大学に一人でも多く進学させるためには、 大学入試の変化に応じて、高校の授業も変わらざるを得ませ
『高校にとって大切なもの……それは卒業後の進路』の画像

 最近、千代田区立麹町中学校が話題になっています。 7月1日付けの朝日新聞には「定期テストやめました」という記事が載っていました。 中間・期末テストを廃止し、「単元テスト(再テストあり)」を必修とし、 他に年5回の思考力テストを含む「実力テスト」を行う、とい
『すべては高校入試のために……麹町中学校はなぜ変わった』の画像

 今度の教育改革の最大のターゲットは、大学入試です。 教育を変えるには、 まず大学と大学入試を変えなくてはいけないと、 昔から言われてきました。 例えば、経済学には統計が不可欠なのですが、 経済学部の学生には数学の知識がほとんどありません。(実話です。)
『大学入試改革で雪崩を起こす……オオトリテエのねらいはこれだ』の画像

 先の見通せない未来を生きていかなくてはならない子どもたちには どんな教育が必要なのでしょう。 その答えの一つが、今回の教育改革なのだと思います。 文部科学省初等中等教育局の合田哲雄氏(当時教育課程局課長)は AI時代、第4次産業革命の時代にあって、その国が
『第4次産業革命の中の教育……君は生きのびることができるか』の画像

 若いみなさんが高校・大学へ進学した当時、 「確かな学力」とは「生きる力」を知的側面からとらえたもので、 「知識や技能はもちろんのこと、これに加えて、学ぶ意欲や自分で課題を見付け、自ら学び、主体的に判断し、行動し、よりよく問題解決する資質や能力等まで含め
『「生きる力」の裏側にあるもの……Quo Vadis 学校はどこへ行くのか』の画像

↑このページのトップヘ