十種神宝 学校の基礎・基本

公立の義務教育の学校に永きにわたりお勤めだった稗田先生の、若い先生方への昔語りです。学習指導要領や、それに伴って変わってきた先生たちの意識や授業のことなど、教育現場に起こってきた今や昔のことどもを書き記していきます。

 義務教育の現場に長くお勤めだった稗田先生からお聞きしたことどもを、拙いながらもまとめてみました。
 不易流行という言葉があります。この、教育の"流行"の中から、自分だけの"不易"を見つけていただければ、これに過ぎる慶びはありません。
                                   十種神宝 主人 太安万侶

 このブログで紹介した教材の学習プリントをおわけします。興味のある方はご覧下さい。https://kandakara.booth.pm/

生きる力とは

「情報処理能力」と「情報生産能力」の違いとは何でしょう。これはマーケティングの世界では有名な話です。
・・・・・・・・・・
靴のセールスマンが2人、南洋の孤島を訪れた。島の人たちを見ると、皆が裸足である。
world_genjumin

そこでひとりのセールスマンは、本社に次のような手紙を出した。「えらいところへ来ました。我々にはまったく用のないところです。誰も靴を履いていないんですから」

ところが、もうひとりのセールスマンは、興奮しながら、本社にこんな電報を打ったという。「すばらしいところです。まだ誰も靴を履いていませんから、いくらでも靴が売れます」

でも会社はこの報告に納得できずに3人目のセールスマンを派遣した。

すると、このセールスマンは島民にいろいろと聞き込んでから、会社にこのような電報を打った。
「島の人間は誰も靴を履いていません。そのため彼らの足は傷だらけです。私は島民に、靴を履けば足は守られ、足の痛みから解放されると説明しました。みんな非常に喜んでいます。島民の80%が一足12ドルなら購入すると言っています。これなら初年度だけで5000足は売れるでしょう。まずはシンプルなもので十分なので、安価に大量生産できます。これに島までの輸送と現地での流通や販売にかかるコストを差し引いても大きな利益が見込めます。ライバルに気づかれないうちに早く話を進めましょう。」
参考文献:『コトラーのマーケティング・コンセプト』(フィリップコトラー著、恩藏直人訳、東洋経済新報社)
・・・・・・・・・・
最初の二人は、目から情報を処理し「島の人間は誰も靴を履いていない」という結論を得ました。
本当にそうなのか、なぜそうなのか、自分の視覚から得られた情報からしか判断していませんから、情報収集やその分析も含めた情報処理能力に問題があった二人です。
しかし、同じ結果をもとに、一人は「靴は売れない」、もう一人は「靴は売れる」と異なった情報を生産し、会社に報告しました。

三人目のセールスマンは「足は傷だらけ」と新しい情報を追加し、コストパフォーマンスを計算した上で「靴は売れる」という情報を生産しました。
しかしここには、靴を履かないことによるこの島の背景や文化等の情報が欠けています。

彼の生産した新たな情報は「靴を売る」ことを前提としたものだったような気がします。

PISA型学力は産業界の要請によるものだと言われています。そしてここで求められる人材は三人目のセールスマンのような人間です。

「靴を売る」という与えられた命題に対して、的確に情報を収集・処理をし、最適解を導き出し具申する力とも言えます。

一番最初のセールスマンは、ひょっとしたら、島の人間に靴を履かせることによって、流通や販売等の経済的な波及効果も考えた上で島の生活や文化が破壊されてしまうかも知れないと考え「靴を売ってはいけない」と主張したかったのかもしれません。

確かにPISA型学力は、これからの社会に必要不可欠なものだと思います。
しかし同時に、与えられた命題について、その善悪を見極める心も育てないといけないと思います。
7f3f8f052f8ef16ef256b2dee8661ad2

そしてそれを育てることができるのは、国語科では文学的文章の読解のような気がします。
今回の学習指導要領の改訂で文学的文章に対する指導のウェイトが下がっているのが、とても心配です。



教師教育ランキング 国語科教育ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

 数年前に、匿名の「伊達直人」氏が恵まれない子ども達にランドセルなどをプレゼントしたことが話題になりました。
 「伊達直人」とは、タイガーマスク(原作:梶原一騎。マンガ・アニメの初代です。実在のプロレスラーではありません。)の本名です。
ダウンロード (2)
©梶原一騎・辻なおき/東映動画
 伊達直人は、孤児院出身で、悪役レスラー養成機関「虎の穴」にスカウトされ、レスラーになります。
 終戦後まもなく、世の中に戦災孤児があふれている時代でした。

 「強ければ それで いいんだ/力さえ あれば いいんだ」
 (『孤児のバラード』作詞:木谷梨男 アニメ『タイガーマスク』副主題歌

 とばかり、当時の日本も「力」を求めて邁進していた時代でした。
 そして、その頃は「学歴」が貧困から抜け出す唯一の手段でした。

 時は移り、世の中はグローバル化が進み、再び「強ければ それで いい」「力さえ あれば いい」という新自由主義の考え方が広まってきました。
 こんな時代の中で日本が生き残るにはどうしたらいいのか、40年程前(80年代頃)から教育界でも真剣に模索されてきていました。

 強烈な競争社会の中では、自分に必要な“もの” “こと”は何かを自分で判断し、貪欲に吸収し、成果に結びつけていかなくては、生きのびることはできません。

 そこで生まれたのが「生きる力」です。

 「生きる力」で求められるのは、お互いの考えを尊重し、意見を擦り合わせ調整して一つの結論を導く「話し合い」の力ばかりではありません。

 それよりも大切なのは、まず自分で考え、更に他者からの情報を貪欲に取り入れることで、自分の中で結論をよりよいものにしていく、個人主義的な力です。
 他人に協力させることはやぶさかではありませんが、自分が必要とする情報を集め、自分自身が処理し、自分から行動できるようになりなさい、というのが「生きる力」なのだと思います。

 口を開けていれば棚からぼた餅が落ちてくる、そんな待ちの姿勢では餓死するばかりです。そして「貧困からの脱出」という点では、日本よりもはるかに東南アジア諸国の方が切実です。
 ハングリー精神旺盛な諸外国と、生き馬の目を抜くような競争に打ち勝って生き残るのためには「生きる力」が必要なのだと思います。

 この力をつけるために、これからの授業は、
 活発に意見交換をする場面よりも、静かに自分の追究をし、追究の中で自分の疑問や意見を相手に「聴く」ことで、自分の考えを一層確かなものにしていく
 ……「相談する」とは少し意味が違う、そんな姿が求められるのではないかと思います。
 自分で頭を動かし体を動かさない者は、これからの競争社会の中で餓死するばかりなのです。
ダウンロード
 文科省の考えるグループ学習とは、この活動を円滑に行うための装置という側面もあるのではないでしょうか。

 これからの授業で大切なのは、どのように個の追究を保証するか、ということでしょう。
 この「追究する」という行為や心を育てることこそ、現代社会の中で生き延びるために大切なものであると思います。

 自分は目の前の生徒達にきちんと競争社会で生き残る「力」をつけているか。
 安易に「対話的な学び」と言いながら、安易に「話し合い」という発表会で済まそうとしていないか。

 日々の授業を振り返ってみましょう。

教師教育ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ