十種神宝 学校の基礎・基本

公立の義務教育の学校に永きにわたりお勤めだった稗田先生の、若い先生方への昔語りです。学習指導要領や、それに伴って変わってきた先生たちの意識や授業のことなど、教育現場に起こってきた今や昔のことどもを書き記していきます。

 義務教育の現場に長くお勤めだった稗田先生からお聞きしたことどもを、拙いながらもまとめてみました。
 不易流行という言葉があります。この、教育の"流行"の中から、自分だけの"不易"を見つけていただければ、これに過ぎる慶びはありません。
                                   十種神宝 主人 太安万侶

 このブログで紹介した教材の学習プリントを作成しています。興味のある方はご覧下さい。https://kandakara.booth.pm/

解題

太安万侶

 生没年不詳。近年出土した墓誌があるが、真贋は不明。

 昭和~平成時代の教諭。名は安麻呂とも書く。『十種神宝』シリーズの筆録者。   の命で『今事記』の編纂に着手したが挫折、令和時代になって『十種神宝』として再開した。

 安万侶はエディター(編集者)であり、ライター(書き手)は稗田阿礼であったとされる。このため本稿では筆録者とした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

稗田阿礼

 『十種神宝
』シリーズの編纂に携わったとされる人物。活躍年代は1940年代以降(昭和後期=第2次世界大戦後)と考えられる。 

 おそらく、公立の義務教育諸学校(主に小・中学校)の教員の一人であり、特に国語教育を専門としていた。

 その後平成の時代になり『今事記』の編纂に参加することを命じられ、稗田阿礼が経験したことを太安万侶が筆録する形で『今事記』の編纂が進められたが中断された。

 『今事記』の編纂は、令和の時代になり『十種神宝』と改題・再開され、現在太安万侶によって「学校の基礎・基本」が公開されつつある。 

 自分がどこの誰と知られることを極端に嫌い、晩年は「自分は、旧道にひっそりと佇む忘れ去られた道標であり、道行く人々を黙って眺めていただけである」と語っていた。

 本人の意思を尊重し、性別・生没年等、全て不明とした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 十種神宝(とくさのかんだから)とは、「古事記」「日本書紀」と並ぶ史書「先代旧事本紀」に登場する、霊力を宿した十種類の神の宝のことです。「古事記」や「日本書紀」では、三種の神器が登場していますね。
 十種神宝の霊力はすさまじく、
国家の隆盛も滅亡も操作できるほどの霊力が備わった神器であるとされているそうです。「先代旧事本紀」によると、饒速日尊(ニギハヤヒノミコト)が天磐船で河内に降臨する際、天神御祖から授けられたとされ、これを授けられた者こそが正統なる王位継承者と成り得ると考えられています。

 十種神宝は、以下の機能を持った10の神器です。

  • 沖津鏡(おきつかがみ) 高い所に置く鏡。太陽の分霊とも言われる。裏面には掟が彫られている、いわば道しるべ。
  • 辺津鏡(へつかがみ) いつも周辺に置く鏡。顔を映して生気・邪気の判断を行う。
  • 八握剣(やつかのつるぎ) 悪霊を祓うことができる。
  • 生玉(いくたま) 願いを神に託したり、神の言葉を受け取ったりする玉。
  • 足玉(たるたま) 全ての願いをかなえる玉。
  • 死返玉(まかるかへしのたま) 死者を蘇らせることができる玉。
  • 道返玉(ちかへしのたま) 悪霊封じ・悪霊退散の玉。
  • 蛇比礼(へびのひれ) 魔除けの布。もともとは、古代鑪製鉄の神事で、溶鋼から下半身を守るための前掛け。のちに、地から這い出して来る邪霊から身を守るための神器となった。
  • 蜂比礼(はちのひれ) 魔除けの布。振ったり身を隠したりして、天空からの邪霊から身を守る。または、邪霊や不浄なものの上にかぶせて魔を封じ込める。 
  • 品々物之比礼(くさぐさのもののひれ) 物部の比礼。ここに物を置くと品々が清められる。死人や病人をこの比礼を敷いて寝かせて、死返玉により蘇生術を施す。また魔物から、大切な品々を隠すときにも使う。
 また布瑠の言(ふるのこと)」という呪文があり、ひふみよ いむなや こと ふるべ ゆらゆらと ふるべ」と唱えることで、十種神宝の霊力を呼び覚まし、死者をもよみがえらせることができると言われています。

 タイトル『十種神宝』は、このブログ「十種神宝 学校の基礎・基本」の他に、いくつかのHP等から成り立っています。
 これらのシリーズは、神器である十種神宝が様々な機能を持っているように、少しでも学校の先生や学校に通う子どもたちの役に立てるようにと考え、『十種神宝』と名付けました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ