十種神宝 学校の基礎・基本

公立の義務教育の学校に永きにわたりお勤めだった稗田先生の、若い先生方への昔語りです。学習指導要領や、それに伴って変わってきた先生たちの意識や授業のことなど、教育現場に起こってきた今や昔のことどもを書き記していきます。

 義務教育の現場に長くお勤めだった稗田先生からお聞きしたことどもを、拙いながらもまとめてみました。
 不易流行という言葉があります。この、教育の"流行"の中から、自分だけの"不易"を見つけていただければ、これに過ぎる慶びはありません。
                                   十種神宝 主人 太安万侶

 このブログで紹介した教材の学習プリントをおわけします。興味のある方はご覧下さい。https://kandakara.booth.pm/

いじめ

images
生徒任せにしない

「一ヶ月で全員にリーダーをさせるというのは無理なのではないか」という質問を受けましたのでお答えします。

例えば日直当番などはその日の学級のリーダーと言えます。給食の挨拶をする生徒もその時のリーダーです。提出ノートを集める生徒もリーダーです。
リーダーとは「使命感を持ち、全員を動かす権限が与えられた者」です。

例えば教室がうるさい時、日直の生徒が「静かにしてください」と呼びかけたとします。
声が小さければ「もう少し聞こえる声でいいなさい」とアドバイスしてやる必要があります。
それでも聞かなかったとすると「リーダーには従うこと」を全員に教えてあげなくてはいけません。

権限を与えたのは生徒たちですが、その権限を最終的に保障することができるのは教師しかいないからです。
「係が『静かにしろ』と言っても言うことを聞かない」のは、最終的に教師の指導不足の結果で、責めを負うべきは教師であると思います。
もしこれを係生徒の責任にすれば、誰も係をやりたがらなくなりますよ。

提出ノートを集める係も、ただ集めるだけならばリーダーではなく、単にお手伝い係です。
提出しない生徒に呼びかけたり、目標を決めてそれを達成しようとしたりしたときに、初めてリーダーとしての自覚が生まれます。
教師はそれをきちんと指導しなくてはいけないのです。

そしてそのためには、最初はきめ細やかな指導が必要です。
そしてその指導が最も有効に作用するのが一年生の最初なのだと思います。

更にルーム長級や班長級のリーダーには、これらの学級の係や当番の活動に対して、計画を立てたり、指示をしたり、評価する権限を与えていきます。
更に練度が増すと班を決めたり、清掃分担などを割り振ったりする権限も与えていきます。修学旅行などのバスの座席を決めることもそうですね。

いわゆる教師の権限の委譲です。

ここで大切にしたいのは活動を生徒任せにしないことです。
班長やルーム長を決めた後に「あとは自分で考えてやれ」と言われても、これはハイレベルな要求です。鍛えられた3年生でどうにかいける程度でしょう。

使命感が育っていないリーダーがいた場合は間違いなく失敗します。
それ以上に、生徒にとって、持ち上げられた後に見放されたような気分だまされたような気分になるかも知れません。
とどめに班や学級で問題がおきたとき、リーダーの責任とかを追及すればもう、その生徒は二度とリーダー的な役割は引き受けなくなります。
決めた後に教師がやり直しを命じても同じで「そんなら最初から先生がやればいいじゃん」となります。

ですから最初は、教師がリーダーの中に入り、教師主導でやりましょう。
リーダーがいわゆる傀儡となってもかまわないと思います。

教師がリーダー生徒にぴったりくっついて、やり方を指導するのです。
山本五十六ではありませんが
  • やって見せ、言って聞かせて、させて見せ、誉めてやらねば、人は動かじ
です。

最初は時間も手間もかかりますが、リーダーへの指導をリーダー以外の生徒も見ています。

教師が明るくてきぱきと指導してくれて 成果が上がれば、リーダーは楽しくなってきます。
そしてやってるうちに、これなら自分もできるなあと感じれば 自信もついてきますし、教師に評価されればうれしいくなるでしょう。
更に相互評価の時間や場面を意図的に設定して同級生から評価されたら、もっと自信がつきますしうれしくなります。いわゆる「振り返り」の活用ですね。

ただし、教師が主導する以上、失敗することは許されません。
そのつもりで気合いを入れていきましょう。

うまく軌道に乗ってきたら、だんだん手を離していくのです。

教師教育ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

リーダーの経験を全員に積ませ、リーダーの何たるかを理解させておきますが、やはりリーダーにふさわしい生徒は必要です。
各学級でルーム長級が1~2名、班長級が6名以上欲しいですね。
gakkatsu_homeroom

このメンバーが二年生の二学期末には生徒会執行部候補、委員長・副委員長候補として登場します。

長期のスパンで学級経営を見通し、リーダーとなるべき生徒に目星をつけ、ルーム長や班長として育てていくのが学級担任の仕事です。
ただし本当のリーダーは教師に任命されてなるものではありません。クラスの全員がそれを認めなくてはその生徒にとって不幸な結果となります。
そのためにも、全員にリーダーとしての経験を積ませ、リーダーの役割や仕事を理解させておかなくてはいけません。
その上で「誰が自分たちのリーダーとしてふさわしい人間か」を考え、多くの生徒たちから認めらることにより、本当のリーダーが育っていくのだと思います。

リーダーを決める

まず私たちは最初、簡単な活動の中で活動の中心になる生徒に目星をつけます。
しかし、この時点では表面的な目立ち度によるもので、カースト上位の生徒をピックアップしているに過ぎません。
隠者のようにスクールカースト下位層に隠れているリーダー候補生もいます。

リーダーの素質を持つ生徒は優秀です。
活動の意義が理解できていますし、見通しを持って効率よく計画を立てたり、公正・適切に分担ができたり、議論するための文章作成能力や言葉を持っています。

持っていないのは使命感です。

頭がいいだけに、リーダーの大変さを理解し、必要もない苦労はしたくありません。
「別に自分がやらなくてもいいでしょ」と思っているのです。

こういう生徒を引っ張り出すことが担任の使命です。

実際にリーダーの活動をやってみたり、他人の様子を見たりして「あれならやれる」「あれならやりたい」「自分がやらなきゃだめでしょ」と思わせるように、ブルームの「期待説」をフル活用し、その生徒のモチベーションを上げていかなくてはいけません。
全員にリーダーをやらせる意味は、ここにもあります。

リーダーの選出にあたっては、ルーム長級はもちろん、班長級であってもやはり、クラスの全員が納得する必要があります。
自分から進んで立候補するくらいにモチベーションが高まっていればいいのですが、なかなかそうなりません。
その時は本人を直接説得したり、まわりの生徒に説得させたりします。いわゆる根回しです。これは別に悪いことではありません。大人の社会では当たり前にやっていることで、むしろ大人として、教師としてできないことの方が問題があると思います。

もしその生徒が出てこなくても、やる気があったり、ノリが良かったり、使命感がある生徒が立候補で名乗り出るように誘導していきましょう。

とりあえず教師主導の活動にのってくる生徒をリーダーとして活動させるのです。そういう生徒をしっかり指導し、使命感を植え付けていけばよいのです。

大切なのは「教師主導の活動に対して」という点です。
何度も言いましたが、教師はカーストを超越した存在か、最低でもカースト最上位でなくてはいけません。
そしてその地位を得るために私たちは「授業力」を向上させ、有無を言わさなぬ授業の実力を発揮しなくてはいけないのです。

定員より多く立候補があって選挙になると最高ですが、誰もでてこなかったからと言って、選出の際くじ引きやじゃんけんなど、偶然に任せるのは絶対にだめです。
また言うことを聞きそうなおとなしい生徒を生け贄にするような行為は絶対に許してはいけません。裏に「影のボス」でもいたら最悪です。

この一連の活動は、全員にリーダーを経験させるだけでも一ヶ月以内に終わらせなくてはいけません。

一年の年度当初なら、連休前までにリーダーの経験をさせ、同時に本当のリーダーに育つ素質があるのは誰かを見極めるのです。
同時に生徒との信頼関係を高めていくことが必要です。
二年生では一学期中に本当のリーダーを育てておかないと、生徒会長や委員長を選ぶときに悩むことになります。

小学校なら一日中児童と接していますから比較的やり易いのですが、中学校では休み時間や給食・清掃、朝や夕方の学活等が勝負となります。

心していきましょう。


教師教育ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

モチベーションの高さ=目標の魅力×達成可能性

モチベーションの高さ=目標の魅力×達成可能性であるというブルームの「期待説」に基づき、小笹芳央氏は『モチベーション・リーダーシップ 組織を率いるための30の原則』(2006 PHP新書)の中で「目標の魅力」と「達成可能性」それぞれについて、四つの要素を考えています。これを学級経営に置き換えて説明します。

何度も言いますが、最初からリーダーである生徒はいません。経験を通してリーダーになるのです。
いつリーダーになってもよいように、日常から全員にリーダーの役割をふってその仕事に慣れさせていく必要があります。

本当は小学校からこのような指導をしておくべきだと思います。

次の点に留意してモチベーションを高め、いつリーダーになっても臆さない生徒たちを育成していきましょう。

「目標の魅力」値を高める

1 ラダー効果
与えられた仕事と学級目標などの上位の目標との関係を示すことで、仕事に意味を持たせます。
今の仕事は雑務ではなく、これをやれば学級目標などに近づくのだということをわからせるのです。

2 オプション効果
やり方など具体的なことは生徒に選ばせます。(考えさせるのではありません。)
何かを「選ぶ」という行為はモチベーションを向上させます。
自分で選ぶことによって満足度、納得感を高め、自己責任の意識も生まれます。逆に自分で「選べなかった」ものに対しては満足感や納得感を得ることができず、責任意識の芽生えません。

3 サンクス効果
自分は全体に貢献しているという実感をもたせます。
具体的に「誰に・どのように」貢献しているのか「誰の・どんな活動と・どのようにつながっているか」などを説明し、リアリティをもたせます。

4 スポットライト効果
全員の前で具体的に褒めることによって、注目させ主役にします。この時なるべくその生徒の名前を言うことで大きな効果が期待できます。

「達成可能性」値を高める

1 マイルストーン効果
マイルストーンとは一里塚のことです。途中の目標を示すことで「何をいつまでにやればよいか」がはっきりとわかり、この積み重ねをしていけば最終的な目標や成果に近づくという安心感を与えます。技術・家庭科や美術科などの作業的な学習でよくやる手法ですね。

2 フィードバック効果
取り組みや結果を評価します。「自己の客観的な評価を知ること」は向上へのモチベーションを刺激しますし「先生はちゃんと見ていてくれる」という信頼も生まれます。

3 ロールプレイング効果
「自分ではない誰かの役割を疑似体験させることで、他所あの視点を獲得させる」というロールプレイングの手法です。
「自分がリーダーだったら」「自分がリーダーから何か言われる側だったら」と、違う立場の者になりきらせると、新しい視点が生まれ、協調性も身につきます。

4 ナレッジ効果
   みんなでノウハウを共有します。すると、その生徒にとって初めて取り組むことでも、前例があるので安心です。
ダウンロード (2)

これらをうまく組み合わせ、リーダーになった生徒に「やってよかった」という気持ちを持たせ、誰がいつリーダーになってもよいようにしておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

『ガラスの仮面』(美内すずえ)というマンガがあります。1970年代に始まり、途中休載期間を除いても40年以上続いてまだ完結していない『こち亀』以上のバケモノです。

(そういえば魔夜峰央の『パタリロ』も長いですね。少女マンガは月刊なので息が長いのでしょうか。)

主人公は平凡な一人の少女、北島マヤです。彼女は演劇への熱い情熱をたぎらせ、才能を開花させていきます。そして演劇界のサラブレッド、姫川亜弓と競いながら幻の名作「紅天女」を目指すという物語です。
IMG_1594
©美内すずえ/講談社

北島マヤは「恐ろしい子」と言われるほど優れた演技の才能を持っています。
しかし、クラスのリーダーになる生徒というのは、私たち教師と同じで生まれ持っての才能は関係ありません。
「役割を演ずる」という点から考えるとリーダーシップを発揮できる生徒というのは「自分の役割であると認識している」生徒ならば誰でもできることだと思います。私たちと同じく「立場」が人を作るのです。

ハイリスク・ローリターンであるリーダーの役割を演じさせるためには、リーダーという「立場」を理解させ、モチベーションをあげてやることが大切だと思います。(私たち大人でも同じですよね。)

「ああ、面倒な仕事だったけど、やって良かったな」というやり甲斐を感じれば、次も「やってもいいかな」と思うわけです。逆に言えば、私たち教師は、生徒にM機能をメインにしたクラスのリーダーをお願いする以上「やった甲斐」を感じてもらえるようにする責任があると思います。

モチベーションとは「何か目標とするものがあって、それに向けて、行動を立ち上げ、方向付け、出される力」です。そもそも目標がないものに対してモチベーションは起こりません。

モチベーションにおける基本的な理論として、以前「マズローの欲求階層説」を取り上げました。これは、アメとムチの「アメ(欲求)とは何か」を考えたものです。
クラスのリーダーの場合、友達から誹謗中傷されない・浮かないという「安全の欲求」を満たした上で、「社会的な欲求(所属や友人から賞賛される)」や「自尊の欲求(自らが他よりも優れていると感ずる)」を与えてやればよいのです。

また、V.H.ブルームは「期待説」を唱えました。
努力すれば相応の成果が得られそうだという期待と、その成果がその人にとって価値があるという要素の二つを掛け合わせたものが、モチベーションの強さを表すというものです。

例えば「定期テストのために一週間だけ頑張る」といったことです。少しの努力をすれば手に入り、しかもそれが自分にとって必要なものであるほど、それを得るために人は動機づけられ行動します。
しかし「自分は運動で高校進学するつもりなので教科の成績は関係ない」と目標の価値を低く考えている場合にはモチベーションが生まれません。

期待と価値の二つの「積」と考えたところがポイントです。

他にも、自分が周りと比較して公平に扱われているかどうかがモチベーションに関わるとする「公平説」や、お金や物などの褒美で動機付けしたり、罰する叱るなどのマイナスのモチベーションを動機づけたりする「学習説」があります。

次回は、「期待説」を中心に、どのようにしたら生徒のモチベーションを上げていくかを考えてみましょう。
これは、リーダーシップをとる生徒に対してというよりも、学級全体のモチベーションをあげる方法でもありますから、参考にしてください。


教師教育ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月25日の朝日新聞(ネット版)に「SNSで事件被害、少年少女1,811人 どう防ぐか?」という記事がありました。少し長いですが引用します。

大阪市住吉区の小学6年の女児(12)が行方不明になり、栃木県小山市内で保護された事件で、未成年者誘拐の疑いで逮捕された伊藤仁士容疑者(35)はSNSを通じて女児に接触し、誘い出したとされる。子どもがSNSのやりとりだけで顔も知らない大人と会い、事件に巻き込まれるケースは後を絶たない。どう防げばよいのか。
警察庁によると、昨年にSNSを通じて事件に巻き込まれた18歳未満の子どもは1,811人で、統計を取り始めた2008年以降で2番目に多かった。近年は小学生の被害が増えており、昨年は過去最多の55人。中学生は624人、高校生は991人だった。スマホなど携帯電話でSNSを使った子どもが1,632人と全体の9割を占めた。
被害者が使ったSNSは「ツイッター」が最多の714人。学生限定のチャット型交流サイト「ひま部」214人、「LINE」80人、チャットアプリ「マリンチャット」78人、動画配信サービス「ツイキャス」46人だった。有害情報を閲覧できないようにするフィルタリングの利用の有無を調べられた1,559人のうち1,372人(88%)が利用していなかったという。
今年9月には、千葉県内の小学校高学年の女児を誘拐したとして、県警は茨城県の男(29)を未成年者誘拐の疑いで逮捕した。男はSNSで「親の所にいるのが嫌なら、俺の所に来なよ」と女児にメッセージを送って家出させ、車で自宅まで連れ出したという。
埼玉県では先月、30代の男が、ツイッター上に家出を望む書き込みをしていた女子中学生に「相談にのるよ」と返信して連れ出し、約40日間にわたって自身の借家に住まわせたとして未成年者誘拐容疑で逮捕された。
子どものネット利用に詳しい藤川大祐・千葉大教授(教育方法学)は「SNSで知り合った大人と実際に会うのは危ないと思っていても、スマホで遊ぶゲームなど共通の趣味があれば『信頼関係』はできてしまう」と話す。匿名アカウントを取得できるSNSなら年齢も問われず、子どもが簡単に大人とやりとりできる。「不安や不満を家族には打ち明けられないとき、頼れそうな大人を探せる環境がSNS上にはある。スマホを使う場所や時間をルール化するなどまずは保護者が関心を持つことが大切だ」と指摘する。
兵庫県立大の竹内和雄准教授(生徒指導論)は「悪い大人が子どもにつけ込む構図がある以上、保護者に頼るのは限界がある。不特定多数の人と交流するサイトの年齢認証を厳しくするなど国や業界による対応も求められる」と指摘する。
全国の小中学校で無料のネット安全教室を開く、ゲーム大手グリーの小木曽健さんは「ネット上で良い人と悪い人を見分けるのは大人でも至難の業。人生経験のない子どもには不可能だ」と話す。ネット上に子どもと接点を持ちたがる悪意を持った大人がいて、大人がSNSを利用すれば簡単に子どもと知り合えることを、大人が子どもに教えるべきだとしている。
section3_manga_full

この記事は、最近のSNSにからむ誘拐事件ですが、誘拐以外にも、
2008年10月のさいたま市で中3の女子生徒が自殺した事件、2008年5月の北九州市で高1の女子生徒が自殺した事件など「ネットのいじめ」に関わるもの、
実際にはバイトではありませんが「バイトテロ」に似たような悪ふざけ画像等をアップするもの、
そして最も多いのが特に被害の多いものは、「性犯罪(売春、レイプ、児童ポルノ)、恐喝(ゆすり)、詐欺」などです。

スマホを買い与えるのは保護者であり、指導をする責任もまた基本的には保護者にあると思います。
まずこのことをしっかり家庭に認識していただく必要があると思います。

と同時に「学校でもきちんと指導した」と言えるよう 学級・学年PTAや懇談会などの機会を通じて、お話ししご理解いただけるようにしていけるといいですね。

教師教育ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの生徒がやっているLINE。
LINEは「コミュニケーションツール」ですがTwitterに比べて繋がる範囲は狭いようです。ですから友達との交流がメインです。
images
「ブログ」の簡易版とも言えるTwitterに比べ、LINEは教室内のメモ回しのようなもので、繁華街で大声で喋るようなTwitterに比べ安心かというと、実は逆なのではないかと思います。

そう思う第一の理由は、タイムラインや「友だち追加」機能で様々な相手と簡単に繋がることができるという点です。

「友達のそのまた友達は悪い人ではない」という保証はありません。見ず知らずの相手(業者など)からコンタクトされる危険があるのです。

これを防止するのがフィルタリング(有害サイトアクセス制限)やペアレンタルコントロール(情報通信機器の利用を、親が監視して制限する仕組み)ですが、LINEにはこの機能がありません。あっても不十分です。
ですから有害なサイトへのアクセスが可能で、過激な写真や画像が普通に見れてしまいます。

第二の理由は、顔が見えない同士のグループトークを行いますので、いじめの被害者や加害者、傍観者になるリスクがとても大きいのです。
短文できちんと文意を伝える表現力や文意を汲み取る読解力が十分ではない生徒同士では、どんな誤解が発生するかわかったものではありません。

第一の理由の対策としては、LINEアカウントの制限設定によってある程度可能だと言われています。

対策➀:LINEのプロフィールに本名や個人情報を記載しない
LINEのプロフィールは誰でも見れるものなので、絶対に個人情報を載せないようにします。
「LINEの名前」「ひとこと」等に個人が特定されるような内容を書き込んでしまう生徒は結構多いようです。また「LINE ID」に誕生日などの情報を入力する生徒がいます。クレジットカードの暗証番号と同じ扱いをするべきです。ちなみに一度設定したLINE IDを変更する事は出来ません。また「アイコン」に顔写真や場所が特定される写真を使うこと生徒もいるようです。

対策➁:LINEのID検索を無効に設定する
相手のLINE IDが分かると誰でもメッセージを送れてしまいます。そこでLINEでは勝手に相手から検索されないように「IDによる友だち追加を許可」をオフにしておく必要があります。

対策➂:「友だち自動追加」をオフに設定する
LINEにはスマホ内のアドレス帳に載っている電話番号と紐づいているLINEアカウントを「友だち」として追加する「友だち自動追加」機能があります。つまりスマホのアドレス帳が第三者に流出してしまうのです。これを防ぐため「友だち自動追加」をオフに設定する必要があります。わたしたちがもし生徒の電話番号をアドレス帳に載せていて「友だち自動追加」をオフにしていなかったらアウトですよ。

対策➃:公式のタイムラインへの「いいね」やコメントは極力控える
LINEには様々な公式アカウントが存在します。これらを友だち追加する事で「タイムライン」で公式側の配信を見ることが出来ますが、その際に「いいね」やコメントをすると、個人のLINEアカウントのアイコンや名前が表示されます。
ですから、出来れば公式アカウントのタイムラインへの「いいね」やコメントは控えた方が無難です。
  
これらのLINEの設定は、そのままだと全てオンになっています。これをオフにするだけでも、怪しい業者などからのコンタクトを減らすことができます。

しかし「LINEから有害サイトへのアクセスにフィルタリングが効かない」や「グループトークでのいじめ」などは、機能面からも対策をすることができません。

これらは別に学級全体に指導する内容とは思えません。保護者が指導すべきことでしょう。
しかしアカウント制限すら知らない保護者も多いようで、実は野放しの状態なのではないでしょうか。


教師教育ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

自転車はとても便利な道具です。しかしその一方で交通事故の被害者となることもあります。そしてそれ以上に、道路交通法等を守らないと加害者となることもあります。

SNSも同じです。

生徒が犯罪とは知らずにネット上で行ったり、投稿したりというケースがあります。これらは「知らなかった」では済まされません。
以下の内容は、過去に犯罪として扱われたケースからの抽出ですから、実際は裁判になってから犯罪として確定します。
しかしあらかじめ知っておいて、危ない橋は渡らないに越したことはありません。
images

1. 名誉棄損・侮辱罪

悪評の流布
  要するに悪口をまき散らすことなのですが、度が過ぎると犯罪です。
相手の評判を落とすために故意にあることないことネット上に流したりすることが発端となります。
プライバシー侵害にもなる個人情報を含めての悪評の流布は悪質とされます。
個人が特定された場合、名誉棄損罪、侮辱罪へと発展する確率も高くなります。
「ネットいじめ」もこのケースに該当します。

なりすまし
他人のふりをして、ネット上で活動することです。
なりすましている相手に害を及ぼす場合アウトになる可能性が高いと思います。
ネット上で「他人のふりをする(なりすます)」ことは犯罪となる可能性があります。
なりすます相手が企業や団体などの場合、「業務妨害」となることもあります。

2. 業務妨害

悪評の流布
悪評の対象が企業等の何らかの団体である場合、業務妨害に該当する可能性があります。
特定の製品やサービスなどを利用した(または実際にしていなくても)感想などといったかたちで、必要以上に過激な表現で酷評したり、不買や破棄を推奨してしまうケースなどはアウトです。

犯行予告
ネット上で「犯行予告」をしてもアウトです。
ニュースなどで目にすることが多いですが「テストがいやだから」という理由でやってしまうと『威力業務妨害罪』、単にいたずら目的の場合でも『軽犯罪法違反』となる場合があります。

3. 不正アクセス法違反

他人のアカウント(ID)やパスワードを聞き出したり盗んだりして不正にログインするのはアウトです。
よくあるケースとしては、オンラインゲームのアカウントに不正にアクセスし、ゲーム内のアイテムを奪うような行為があります。ゲーム内のアイテムがらみは必ずお金が絡んできます。

4. 違法アップロード/ダウンロード

自身が著作権を持たない音声および映像等のアップロードです。他人がダウンロードできる状態で、自身が著作権を持たない音声や動画をアップロードすると著作権の侵害として罪に問われる可能性があります。自身で購入した音楽や動画、マンガのスキャン画像などをアップロードしてもアウトです。また、2010年の著作権法改正により、違法アップロードされたものだと知りながらダウンロードしてもアウトです。生徒が安易に手を出しやすい犯罪です。
  
5. プライバシー侵害

生徒たちのネット利用では個人情報漏洩に該当する行為が多いようです。
ネット上に他人の個人的な情報、および個人を特定できる情報を流布してしまえばアウトです。
普段の会話の延長としてネットを利用しているという感覚で書きこんでいるとやってしまいます。
ネットというものは、人通りの多い繁華街で大声で叫ぶようなものなのです。

6. わいせつ物頒布罪

生徒の間では、笑いのネタとして安易にやってしまいそうです。
自画取りわいせつ画像・動画の拡散はもちろんですが、友達の家に集まって友達の画像・動画を拡散した場合はリベンジポルノになる可能性があります。
自分のならいいだろ、ということにはなりません。

7. 児童ポルノ禁止法違反

更にリベンジポルノ、わいせつ物頒布で被写体(写っている人物)が未成年の場合、「児童ポルノ禁止法違反」となる場合があります。
中学生の場合は例外なくアウトです。

8. 殺人幇助罪

殺人を企てる者に対して、殺人行為が楽になるように手助け(幇助)する行為です。
  • A もうアイツ殺してやりたいわー
  • B やっちゃえ、やっちゃえー
と言ってAが殺害を実行したらBは殺人幇助罪です。

このような話を切り出されたら、まともに相手をせず、すぐに警察等に連絡するように指導します。
それは「自分は殺人幇助をしていない」ということの証明にもなります。

9. 脅迫罪

「殺す」、「刺す」など、「~するぞ!」と、相手の脅威となる行動を示唆して脅すことで「脅迫罪」です。
実際に害を加えなくてもアウトで、場合によっては「自殺教唆罪」に問われる場合もあります。
結果として相手が自殺してしまった場合などは完全アウトです。

10.強要罪、恐喝罪

「強要罪」は、人に義務の無いことを行わせる行為です。
土下座させたり、詫び状や反省文を書かせたり、必要以上に謝罪を求める行為がこれに該当する可能性があります。

「恐喝罪」は、脅して物や金銭を得たり、それを第三者に得させる行為です。
「謝罪をかたちにしろ」と言って不当な慰謝料を請求したり、追加で物品を要求したりするとアウトです。物や金銭を実際に受け取っていなくても、「恐喝した(脅した)」という行為だけでも、恐喝未遂として扱われます。

勢いで書いてしまったとしても、それは言い訳にすらなりません。
どんなに頭にきても、強要や恐喝に踏み込まないよう、冷静に対処できない生徒はSNSをしてはいけないと思います。

11.自殺教唆罪、自殺幇助罪

自殺の方向に導いていったり、自殺しやすいように手助けする行為です。
「死ね!消えろ!」などと強く連呼したり、「死んだら楽になるよ」などと一見優しく伝えたとしても、相手が自殺した場合は自殺教唆罪に該当する可能性があります。
また「睡眠薬で死んだら楽でいいよ!」(あくまで例です)みたいなことを発言すると、自殺幇助罪に該当する可能性があります。冗談だと思っていた、では通じません。
  
ネット上といえども、リアルの世界となんら変わらない現実の世界です。
しっかりした知識を身に付け、自分自身が犯罪者とならないよう、危険に近づかないよう、指導しておきましょう。
また、ご家庭もこのような認識の薄い場合があります。

まさに「知らないことは罪」なのだと思います。

教師教育ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

「くっ……。私に勝ったと思っていい気になるなよ。私は四天王の中で最弱の存在。そして我ら四天王の上には三人衆が、さらにその上には首領様がいらっしゃる。貴様の未来は地獄への一本道だ!ふははははは……。(ドッカ~ン)」
Precure_Labyrinth
管理国家ラビリンス ©東映動画

スーパー戦隊やプリキュアのシリーズでは、かつてのショッカーのような悪の秘密組織が登場します。(仮面ライダーシリーズでは出てこなくなりました……泣)

悪の秘密組織はなぜ強いのでしょう。それは「組織」だからです。
首領が最前線で戦うのは最終回。それ以前は手下の怪人がまず戦い、次に大幹部が、そして最後に首領が登場するのです。
これによって敵に厚みがうまれ、物語に深みが増します。

悪の秘密組織の首領ではありませんが、私たちはまず、授業ではP機能(目標達成機能)をしっかり持った首領=カーストの最上位者であるべきだと思います。
首領は配下の者に比べ隔絶した実力を持っていなくてはいけません。そのために私たちは、綿密な教材研究とその実践によって授業で「先生はやっぱり先生なんだ」と生徒に認めさせることが必須です。
なぜ授業かというと、最も多く生徒と接する時間は授業だからです。

授業中に教師の指示が徹底しないとか、授業をかき回す生徒を抑えることができないといったM機能(集団維持機能)については、生徒の中のカースト上位者が行った方が効果が高いでしょう。
いざとなったら首領が登場して有無を言わさず従えることもできます。
比喩としては不適切かもしれませんが、このような大幹部の役割を演ずることができる生徒が「クラスのリーダー」です。

今、ちょうど生徒会役員を選出する頃ですね。この生徒会の委員長の選出について考えてみましょう。

例えば、ただ漫然と「いい子」と目されるような生徒を生徒会の委員長にしても、うまくいかないことはご存じだと思います。
「人望あるサブリーダー」や「いいヤツ」キャラでは、行事で委員会をまとめリーダーシップを発揮しなければならない立場に追い込まれ、学校システムに対応した動きをしようとしたとき、「残虐なリーダー」の抵抗とそれに同調する「お調子者キャラ」たちの圧力に屈し、自分の居場所を失ってしまう可能性が高いのです。

かと言ってカースト第2位の「残虐なリーダー」を指名してしまうと、今度は私たちは「残虐なリーダー」との関係を維持しながら運営しなければならなくなります。
いくら教師の理念を理解してはいても、納得しそれに従うとは限らないからです。
もし「残虐なリーダー」のコントロールに失敗すると、授業や学級は崩壊へと向かっていくでしょう。

では、どうしたらよいのでしょう。
まず、生徒の立場に立って考えてみましょう。

そもそも生徒にとって「リーダーであること」はボランティアです。
そうは思っていない生徒もいるかも知れませんが、ほとんどの生徒の場合、その教師によほどカリスマ性がない限り、日常の雑務……態度の悪い生徒を注意するとか、日常の当番活動をしっかりやるとか、言ってみれば「先生のお手伝い係」をやりたがる生徒は稀でしょう。

何か代償があるわけではありません。
しかも、そのミッションに失敗するとクラスの中で浮いてしまって、一歩間違えばいじめの対象にもなりかねない

……生徒にとって、リーダーを演ずることはハイリスクローリターンの仕事なのです。

これは生徒ばかりを責めることはできません。大人だって同じです。
私たちだって、グループのまとめ役として振る舞わなければならない○○主任とかは
「それも給料のうち」「校長先生などの上位者に命令されたから」やっているわけで、やりたくてやっているわけではありません。
報酬もなく命令もされるわけではないPTAや町内会の役員選出なんかはもっとはっきりしていますね。

生徒も私たちとまったく同じなのです。


教師教育ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本のリーダーシップの研究者だった三隅二不二氏は、リーダーシップの行動特性に注目した「PM理論」を提唱しました。氏は組織が発展するために求められる機能は2つあると考えました。

1つは目標達成機能(P機能)で、組織が決めた目的の達成とそれに関連する課題を解決していく機能です。例えば学校の中では、教科の学習も「ねらい」の達成を目標とする以上ためこれに含まれます。

もう1つは、集団維持機能(M機能)で、文字通り組織を維持していくための機能です。実際にはメンバーをフォローしたりメンバー間の葛藤を緩和したりすることで、チームワークを強化していきます。学級の集団形成に関わる機能ですね。

組織を維持するにはP機能とM機能が必要であり、リーダーシップを発揮するとは、P(目標達成)行動とM(集団維持)行動の両方を満たすことなのだそうです。
そしてP行動とM行動から、リーダーの特性を4つに分類しています。
  1. PM型=P、Mの機能がともに強い「理想的なリーダーシップスタイル」
  2. P型=Pの機能は強い、Mの機能は弱い「フォロワーへの指示や命令に偏る」
  3. M型=Pの機能は弱い、Mの機能は強い「フォロワーへの気遣いに重点を置く」
  4. pm型=P・Mの機能がともに弱い「放任主義型のスタイル」
「PM型」は、理想の教師です。
生徒の満足度が高く、学級経営も含めた学習の成果を上げる力も高いカースト第1位のパーフェクトティーチャーでしょう。
生徒に的確な指示や具体的なアドバイスができ、フィードバックもきちんと行います。生徒に意識を高く持ってもらうために目指すべき方向性を生徒と共有し、目標を行動ベースで分かりやすく指示できるタイプです。(P行動)
また生徒の話(発言……不規則発言も含む)によく耳を傾け、的確に授業に位置づけ、生徒指導にあたっては相談にも親身に乗ります。生徒の気持ちを気遣い、絆を強めていくことで一体感が生まれ、難しい問題にも立ち向かっていこうとする学習集団が形成できます。(M行動)

「P型」は、成果を上げるための指示や命令が中心の教師です。
生徒の人間関係への配慮が欠け、生徒は常に教師からプレッシャーをかけられていると感じます。
短期的には成果が出るかもしれませんが、長期的にはモチベーションやパフォーマンスの低下につながるでしょう。
第2位「残虐なリーダー」ならまだしも「栄光ある孤立」や「自己中心」の教師では、生徒は言うことを聞いてくれません。

「M型」は、生徒への気遣いに重点を置く教師です。
生徒との人間関係は良好に保たれますが、生徒指導上の問題が発生した時の対処は難しくなります。また授業でも、綿密な計画を立てて授業を引っ張っていかなければならないときは、M型のリーダーシップだけでは不十分です。
「栄光ある孤立」や「いいヤツ」では頼りにされないのです。

「pm型」は、放任主義型のダメ教師です。
授業や学級経営の目標設定が弱く、人間関係の調整も不十分なため、生徒のモチベーションが低く授業の成果も上がりません。

教育書などによると「PM型教師になりましょう」とありますが、できたら苦労しません。
せめて私たちにできることは、自分の特性を知り、がんばってP行動とM行動を場面によって演じ分けることだと思います。

例えば、クラスで物事を決めなければいけないときはP行動を積極的にとり、生徒の間で揉め事が起きた場合はM行動として解決に向けた働きかけを行うことができるといいですね。
PM理論01


教師教育ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

否応なしに教師自身がスクールカーストに取り込まれてしまう現在、教師の声を生徒全員に行き渡らせるにはカースト上位にならなくては難しいでしょう。

スーパーリーダーには〈自己主張力〉〈共感力〉〈同調力〉の総合力である「コミュニケーション能力」がなくてはいけないと前回までで説明してきました。
確かに「自分の考えをしっかり生徒に言う力(自己主張力)」「生徒の立場に立って思いやりを持つ力(共感力)」「明るい雰囲気を作る力(同調力」は、いずれも教師になくてはならない資質だと思います。

しかしこれだけでは不十分です。

リーダーシップ(リーダーの能力)は一般的に「組織を率いる能力」のことを言います。
経営学者であるP.F.ドラッカーは、
  • リーダーシップとは、組織の使命を考え抜き、それを目に見える形で明確に確立することである。リーダーとは目標を定め、優先順位を決め、基準を定め、それを維持する者である
と述べています。同時に、リーダーたることの第一要件として
  • リーダーシップをとることが仕事と考えること
とも定義しています。

これを教師の仕事として考えてみましょう。
教科の学習でも学級経営でも「教科の授業や学級のあり方を考え抜き、それを目に見える形でしっかり持つこと」が大切で「目標を定め、優先順位を決め、基準を定め、それを維持する」ということです。

例えば理科の電気の学習では、学習指導要領に示される理科でつけたい力をはっきり意識した上で、その単元の、一時間の授業の意味をしっかりつかみ、本時のねらいを生徒全員にしっかりと納得させ、ねらいを達成するために必要な知識や必要な手順などの優先順位を考え、それぞれに対する評価基準を決めて、生徒が基準に満たなかった場合はフィードバックを考え授業を展開する、ということでしょう。

また、学級担任として「どのようなクラスにしたいのか」といった目指す学級のイメージをはっきり持って「そのために、しっかり提出物を出そう」と、活動の意味と共に学級の願いを生徒や保護者に伝え、更に「どのくらい出せば目標達成と言えるのか」を数値的に示し、もしそれが達成できなかった場合は「目標を達成するためにどうしたらいいのか」を考えさせる(これは全体に対してやる場合と、個人に対してやる場合とがあります)等の方法が考えられます。

これは、プロの教師として当たり前の「仕事」なのです。

「コミュニケーション能力」が高い、カースト上位の生徒との違いは、明確な理想や目標を示せるかどうかなのです。
ここまで考えて振る舞う(リーダーを演ずる)ことは生徒には難しいでしょう。

学校は仲良しクラブではなく、教育基本法に基づいた合目的的な組織なのです。
この学校という組織の目的達成のためにリーダーは不可欠であり、リーダーシップを発揮するという行為は教師しか演ずることができないものなのだと思います。

このように考えると、リーダーシップは生まれ持った資質というよりも「仕事」であり「役割」とも捉えられます。
教師という「仕事」を持ち、教師としての「役割」を演ずることは、特別な能力がなくても給料をもらっているプロの教師である以上、誰もがやらなくてはならないことなのです。

かつて、何でも生徒の自主性に任せることが良いことであるという風潮がありました。
しかし私は、教師である以上、する・しないは別として、授業や学級経営でリーダーシップを発揮できなくてはいけないと思います。
E784A1E9A18C-0128©東映

今私たちに必要なのは、理想を掲げ、それに向けて生徒たちを巻き込み、一人一人の生徒を変容させるリーダーシップなのではないでしょうか。
理想のない生徒には、いかに「コミュニケーション能力」が高かろうと、リーダーシップをとらせてはいけません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ