十種神宝 中学国語の基礎・基本

永く公立小中学校にお勤めだった稗田先生からお聞きした、国語の授業のことなどを書き留めました。

十種神宝 中学国語の基礎・基本 イメージ画像
稗田先生からお聞きした、中学校の国語の授業メモです。
HP「十種神宝 中学国語 学習の手引き」の下書きになっています。興味のある方はこちらをご覧下さい。https://y-oono.jimdofree.com/
このブログで紹介した教材の学習プリントをおわけします。興味のある方はこちらをご覧下さい。https://kandakara.booth.pm/

 

説明的文章

もうすぐクリスマスです。クリスマスといえばキリストの降誕祭(誕生した日を祝う祭……誕生日とは違います)です。一方、キリストが十字架にかけられたことをお祭りするのは、春分の日の後の満月直後の金曜日で、グッドフライデーと呼ばれます。そして、その三日後はイース
『「君は『最後の晩餐』を知っているか」6……君は この教材を「どう取り扱ったら良いか」を知っているか』の画像

第19段落に「だから、いきなり『かっこいい。』と思えるのだ。」とあります。第4段落の「なぜか『かっこいい。』と思った。」に対応する部分です。「かっこいい」と思った理由が第5段落以降の本論であり、この第19段落が結論部分といえるでしょう。単純に考えると「だから」
『「君は『最後の晩餐』を知っているか」5……君は「本当の魅力」を知っているか』の画像

第12段落以降は「最後の晩餐」の「遠近法」と「明暗法」の説明です。遠近法遠近法は、イラストなどではバースとも言われる描法です、第12段落で述べられている通り「遠くにいくにつれて小さく描く」書き方は「線遠近法」と言われます。他にも遠くに行くほど色が薄くなる「空
『「君は『最後の晩餐』を知っているか」4……君は「主人公が誰か」を知っているか』の画像

筆者は、解剖学に基づいて描かれたダヴィンチの『最後の晩餐』の手の描写を「手のポーズの見本帳」「心の動きの見本帳」と言い「弟子達の動揺」を表現していると言っています。さらっと言っていますが、生徒には具体的にはわからないでしょう。キリストを中心にして、右側に
『「君は『最後の晩餐』を知っているか」3……君は「手に託された心の見本帳」を知っているか』の画像

言うまでもなく国語科は内容教科ではなく形式教科です。ですからこの教材の言っていることを理解させる指導をするのはどうかと思います。あくまでも次の指導事項を指導していかなくてはいけません。ア 抽象的な概念を表す語句や心情を表す語句などに注意して読むこと。イ 
『「君は『最後の晩餐』を知っているか」2……君は「構図のドラマ」を知っているか』の画像

高校入試で出題される文章は、大きく説明的文章と文学的文章に分かれています。学習指導要領で求める、学力という言葉の代わりに登場した「資質・能力」は、説明的文章を非常に重視しているのはご存じの通りです。中でも高校入試等で扱われるのは評論文や論説文です。PISAや
『「君は『最後の晩餐』を知っているか」1……君は「最後の晩餐」が評論文だと知っているか』の画像

生徒用の資料・解説は、こちらのHPに載せてあります。興味のある方はどうぞご覧下さい。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・第4~5時 「幻の魚は生きていた」で何を書かせるか14段落以降は、結論にあたる筆者の意見です。筆者はまず「この西湖で
『「幻の魚は生きていた」4……筆者の主張に基づいて自分の意見を書かせるのは危険』の画像

生徒用の資料・解説は、こちらのHPに載せてあります。興味のある方はどうぞご覧下さい。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・第3時 黒いマス=クニマスの証明9段落に「新たな展開があった」とありますが、ウィキベディアによると、次のように書か
『「幻の魚は生きていた」3……クニマスとヒメマスと黒いマスをきちんと読み分け、筆者の論証を確かめよう』の画像

生徒用の資料・解説は、こちらのHPに載せてあります。興味のある方はどうぞご覧下さい。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・第2時 問題提起2の答えにあたる文を見つける問題提起文2は「クニマスが、なぜ遠く離れた西湖で生きていたのだろう。」
『「幻の魚は生きていた」2……「クニマスはなぜ西湖で生きていたのか」答えの効率的な見つけ方』の画像

生徒用の資料・解説は、こちらのHPに載せてあります。興味のある方はどうぞご覧下さい。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「幻の魚は生きていた」は5時間扱いの単元です。指導事項は、B書くことウ 伝えたい事実や事柄について、自分の考えや気持
『「幻の魚は生きていた」1……問題提起文とその答えにあたる文の探し方をおさえよう』の画像

↑このページのトップヘ