十種神宝 中学国語の基礎・基本

稗田先生は、永く公立小中学校にお勤めでした。 その先生からお聞きした、 主に中学校の国語の教材のことなどを 書き留めました。

タグ:レトリック


0a9c8b2b278d3643fa791516625b3fea_t
 手の不自由な方が足で琴の演奏をするのを見たことがあります。その演奏は素晴らしかったのですが、その方は足の爪にマニキュアを塗りお化粧をなさっていました。
 「自分の足を見て欲しい」というお気持ちの表れだったのだろうかと思いました。

 自分の見て欲しいところに化粧をするというのは、人の自然な気持ちだと思います。

 文章も同じです。作家は読者に気をつけて読んで欲しいところに化粧を施すのではないでしょうか。それがレトリックです。

 学習指導要領に示される
 「文脈の中における語句の意味を的確にとらえ、理解する」
 「場面の展開や登場人物などの描写に注意して読み、内容の理解に役立てる」
 「表現の特徴
 「語句の辞書的な意味と文脈上の意味との関係に注意し、語感を磨く」
とは、文学的文章の読解では、レトリックに負うところが大きいと思います。

 そこで、「星の花の降るころに」では、設定の理解が終わった教室の場面の後半からは
 レトリックの授業を展開することになります。

 レトリックは、『日本語のレトリック―文章表現の技法』(瀬戸 賢一 岩波ジュニア新書)では、詳しく分類整理されていますが、
 ここまでの知識はなくても、生徒にとって基本的な知識がないと、それをレトリックと認識することが難しいようです。

 そこで、私は二つの指導法を用い、レトリックとその効果の指導を行ってきました。

 一つは、簡単な例文によって主なレトリックの種類をしっかり教えてから、実際にテキストの「この部分では、どういうレトリックが使われているか。また、それはどのような効果や意味があるのか」を考えさるやり方です。

 もう一つは、テキストからどういう感想を持つか、その感想はどの叙述から受けるか考えさせて、レトリックを押さえていくというやり方です。

 後者の指導は、どうしても生徒個人の主観が入ってしまって、なかなかこちらが意図した叙述にたどり着くことは難しい場合が多いようです。

 そこで私はいつも、「花曇りの向こうに」や「詩の世界」の単元でレトリックの種類をまずおさえます。(文学的文章の読解にはレトリックの理解は必須だと考えているからです。)
 本単元に入り、設定の理解が終わると、もう一度レトリックの復習をしてから具体的な叙述を示してレトリックの種類とその効果をおさえ、レトリックに注意して読むことに慣らしました。
 そして、校庭の場面で、「私」の気持ちを考えさせ、それがどのレトリックから受けた感想か述べさせる授業を行いました。

 レトリックとその効果をつなげていくと、主人公の心理の変化が浮き彫りとなります。
 ですから、授業の最後に主人公の心理の変化が、用いられているレトリックと共に一目瞭然となるような板書計画が必要となります。

 実際の授業では「そのとたん、私は自分の心臓がどこにあるのかがはっきりわかった。」以降の展開となります。(第3時)

  • T 「どきどき鳴る胸をなだめるように」とありますが、この部分ではどのようなレトリックが使われていますか。
  • S 「どきどき」は擬態法、「なだめるように」は「~ように」とあるので直喩です。
  • T なぜ「私」は「どきどき」したのですか。
  • S 夏実に話しかけようとして、緊張したからです。
  • T 「どきどき」したことは、他のどの部分からわかりますか。
  • S 「自分の心臓がどこにあるのかがはっきりわかった。」とあります。心臓がドキドキしているから、いつもは気がつかなくても気がついたのです。
  • T そうですね。
  •  では、その「どきどき」を「なだめるように」なにをしたのですか。
  • S 「一つ息を吸ってはきました。」
  • T そうですね。
  •  「私は夏実に話しかけようとして緊張した。その緊張を解くために一回深呼吸をした。」
  • と比べてどうですか。
  • S ……
  • T では、実際にやってみましょう。全員立って下さい。みなさんは「私」です。今、向こうから歩いてくる夏実に「一緒に帰ろう。またたくさんお話をしよう。」と言おうとしています。Yesの答えが返ってくると思いたいのですが自信がありません。無視されたらどうしよう……はい、今どきどきしています。心臓が激しく動いて、頭に血が上ってきました。ぼーっとし始めました。これはいけない。はい、一つ息を吸ってはいてください。どうですか。みなさん、落ち着きましたか。
  • S 微妙。
  • T そうですね。でも何か夏実に言わなきゃいけない。だから「ぎこちなく」夏実に向かって歩き出したんですね。
  •  このようにレトリックを使うと、登場人物の気持ちを生き生きと理解することができます。では、この場面で使われているレトリックと、それによってどういう「私」の気持ちが表現されているか、ノートにまとめましょう。

 この部分で注目させたい叙述は「音のないこま送りの映像(隠喩)」「騒々しさがやっと耳にもどった(隠喩)」「きまりが悪くてはじかれたように(直喩)」「色が飛んでしまったみたい(直喩)」「本当は友達なんていないのに。夏実の他には友達とよびたい人なんて誰もいないのに(反復法省略法)」です。
 ここで、夏実の「とまどったような」「すっと顔を背けた」を指摘する生徒がいます。
 「すっと顔を背けた」の「すっと」は擬態法ですが「顔を背けた」は慣用表現なので微妙なところです。
 しかしレトリックを発見することは手段であって目的ではありませんから、「よく見つけたね」と褒めます。そしてこれは「『私』から見た感想」なので夏実の気持ちはわからないことを教えておきます。

 ここで注意したいのは「きまりが悪くてはじかれたように」です。
 なぜきまりが悪かったのかと問うと
 生徒は直前の「唇が震えているし、目のふちが熱い」と答えます。
 重ねて「その顔に名前をつけるとしたら、何という顔になりますか」と問います。

 生徒がふざけて「変顔」と答えたらしめたものです。
 私はそんな時、実際に変顔をしてみせて生徒の笑いを誘い「本当に笑える顔をしていたと思いますか。」と問い返します。

 そして「みなさんも実際にやってみましょう」と言います。
 すると「泣き顔」という答えが返ってきます。

 この場面で「私」は泣いていたか、泣く寸前だったのだと思います。
 (本当はまだ泣いていなくて、次の校庭の場面の最後で初めて涙をこぼしたと考えるとロマンティックですね。)

 教室の場面後半と、校庭の場面で、だいたい2時間かかります。
 5時間扱いの授業だとすると、あと残り1時間となります。

前へ次へ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事に基づいた問題集を販売しています。
興味のある方はこちらへどうぞ。

この項目については、生徒用に解説したものがあります。
興味のある方は、こちらへどうぞ。


国語科教育ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

ここに載っている内容をわかりやすく解説したものに、予想問題をつけたワークシートをBOOTHのショップで販売しています。興味のある方はこちらへどうぞ。

この記事は、「十種神宝」姉妹サイト「国語学習の手引き」をもとに作成しました。興味のある方はこちらへどうぞ。

・・・・・・・・・・
4時間目 いのち  けやき だいさく
欅

いつ・どこ・だれをやりながら、どのような情景か答えさせます。

ケヤキの木に、小鳥がたくさん止まっている情景です。

小鳥の数は一匹や二匹ではありません。
「ふところに だいて/とても あたたかい」くらいの数です。
ぎっしりとケヤキの木に止まっているのでしょう。
こんなに小鳥が木に集まって止まるのは、冬の夜です。
ケヤキは落葉樹ですから、葉がすっかり落ちたケヤキの木に、夜、ぎっしりと小鳥が集まって休んでいるのです。
たくさんの小鳥たちが羽を休めることができるのですから、きっと大きなケヤキの木に違いありません。

「私の心臓は/たくさんの小鳥たちである」というのはもちろん比喩です。
  • 太郎君(A)は太陽(B)のような少年だ。
といった場合、太郎君の「明るさ」や「情熱」等を太陽のそれに例えています。
  • 太郎君(A)=明るい・情熱的=太陽(B)
となります。
大切なことは、(A)のどのような属性が(B)の属性に例えられているか、
(A)=(X)=(B)の(X)の部分をきちんと言葉で書かせて発表させることです。

この詩の場合はどうでしょう。
  • 心臓(A)=たくさんの小鳥たち(B)
(A)は「都市の心臓部」と言うように、ものごとの中心の比喩ですが、この場合、ないと死んでしまう「命のもと」と解釈してよいかと思います。
言い方は、生徒の発言に任せましょう。
  • 心臓(A)=命のもと(X)=たくさんの小鳥たち(B)
冬、葉を散らして、まるで骨だけになったようなケヤキの木の「命のもと」がたくさんの小鳥たちだ、といっているのです。

「ふところに だいて~あたたかいのである」から、ぎっしり集まっている小鳥たちを、ケヤキはとても暖かく感じていることがわかります。

問題は「だから~いきていくのである/だから~いきていて よいのである」の部分で、これは反復法です。
しかし、繰り返すことによって強調しているだけではありません。
微妙に意味をずらしていることに気づかせます。

小鳥たちが「心臓」のようなものなら
  • (小鳥たちが集まってくるので)生きていくことができるのである
となります。
なぜ「(小鳥たちがたくさん集まってくる。)だから、私は生きていくのだ。生きていてよいのだ。」というのでしょう。

これを考えさせ、書かせ、発表させるのがポイントです。

小鳥たちにとって、ケヤキの木は、寒い冬を越すための大切なねぐらです。
大きなケヤキの木のおかげで小鳥たちも冬越しができるのです。

ケヤキはそのことを知っています。
小鳥たちの暖かさを自分の命と感ずるとともに、小鳥たちを守っていこうという気持ちが「いきていくのである」という言葉に集約されます。
そして、小鳥たちを守ることに誇りをもっていることが「いきていて よいのである」という言葉に表れています。

このことを更に「ケヤキの気持ち」として端的にまとめさせます

  • 小鳥たちを守り、共に生きることを喜び、そのことに生きがいを感じている
というのが、主人公のケヤキの気持ちだと思います。

作品の季節と時間帯

作品から、はっきり分かっている季節と時間帯は、次の通りです。

  あしたこそ   春     日中

  おれはかまきり 夏     正午頃

  あきのひ    秋     夕方

  いのち     晩秋~冬  夜

 きれいに順序よく並んでいます。光村図書の意図を感じさせます。
とすると「いのち」は冬、「あしたこそ」は午前中(春の朝は朝露がある可能性が高いので、綿毛は飛びません。)と解釈するのが適当かも知れません。

・・・・・・・・・・

ここに載っている内容をわかりやすく解説したものに、予想問題をつけたワークシートをBOOTHのショップで販売しています。興味のある方はこちらへどうぞ。

この記事は、「十種神宝」姉妹サイト「国語学習の手引き」をもとに作成しました。興味のある方はこちらへどうぞ。


国語科教育ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

ここに載っている内容をわかりやすく解説したものに、予想問題をつけたワークシートをBOOTHのショップで販売しています。興味のある方はこちらへどうぞ。

この記事は、「十種神宝」姉妹サイト「国語学習の手引き」をもとに作成しました。興味のある方はこちらへどうぞ。

・・・・・・・・・・
2時間目 おれはかまきり  かまきり りゅうじ
images
まず、いつ・どこ・だれを答えさせます。

主人公はカマキリ、季節は夏。「あつい」「もえる ひを あびて」とあるので、正午過ぎでしょう。場所は同じく野原です。

この詩の特徴は、対句ではありませんが、第1連と第2連が対応していることです。

第1連で「あまり ちかよるな」といっています。
なぜかを理由とセットで答えさせます。

解答の手がかりは次の行からです。

「おれの こころも かまも」とありますから、
  • 自分は攻撃的で、近づく人を鎌で切ってしまうような危ない性格だから気をつけろ
と呼びかけているのでしょう。

ここで敬体常体を教えます。「です・ます調」「だ・である調」と言えばわかると思います。
常体の「~ぜ」から受ける印象とともに考えさせると良いでしょう。
ちなみに「~ぜ」は押韻として用いられています。
押韻以外の行は、命令形や体言止めで、詩全体として非常に力強い印象を受けます。

この時のカマキリの気持ちの手がかりは、「どきどきするほど/ひかってるぜ」「わくわくするほど/きまってるぜ」という擬態法にあります。

「どきどき」は、心臓の鼓動が激しくなるようすをあらわしていて、運動・興奮・不安・恐怖・期待などを示しています。

「わくわく」は、中から外へ激しく動いて現れる意味の「湧く(沸く)」から生まれたことばで、期待・喜びなどで心が弾み、落ち着かないさまを表します。
ただし「どきどき」とは違い、不安や恐怖、激しくなる鼓動を表す際には使いません。

ですからカマキリは、何かを期待し、心が弾み、落ち着かない気持ちでいます。

カマキリが期待しているものは、
  • 第1連の「あまり ちかよるな」や「ひかってるぜ」
  • 第2連の「かまを ふりかざす すがた」や「きまってるぜ」
から、自己陶酔の世界です。
自分の強さに酔いしれ、相手もそれを認めることを期待しているのでしょう。

主人公の名前「かまきり りゅうじ」の「りゅう」は想像上の動物である龍からつけられているのでしょう。

「あつい」のはカマキリ君の心なのかもしれませんね。

音読させるとき、男子生徒はこの詩を音読したがります。
感情移入しやすいのでしょう。

・・・・・・・・・・

ここに載っている内容をわかりやすく解説したものに、予想問題をつけたワークシートをBOOTHのショップで販売しています。興味のある方はこちらへどうぞ。

この記事は、「十種神宝」姉妹サイト「国語学習の手引き」をもとに作成しました。興味のある方はこちらへどうぞ。

国語科教育ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

ここに載っている内容をわかりやすく解説したものに、予想問題をつけたワークシートをBOOTHのショップで販売しています。興味のある方はこちらへどうぞ。

このブログをもとに、姉妹HP「十種神宝 学習の手引き」を作成しました。
ぜひこちらをご覧下さい。

・・・・・・・・・・

「見えないだけ」の指導事項は、次のようになっています。
  • ア 抽象的な概念を表す語句や心情を表す語句などに注意して読むこと。
この詩を解くポイントは、修辞法(レトリック)にあります。
修辞法に注意して、この詩を読解してみましょう。

第一連

最初の4行、「空の上には/もっと青い空が浮かんでいる」と「波の底には/もっと大きな海が眠っている」は対句です。「~には~いる」と押韻もあります。
ですからこの四行はひとまとまりです。

「空の上」の更に上と、「海の底」の更に下ですから、作者は空間的な広がりを表現しようとしています。
しかしこれだけではありません。

「空の上には/もっと青い空が浮かんでいる」とはどういうことでしょう。

「雲外蒼天」という言葉があります。
試練を乗り越えていき、努力して乗り越えれば快い青空が望めるという意味です。
これをスローガンにしている部活もあるかも知れませんね。
ダウンロード
私たちが見上げる空は天気の良い日ばかりではありません。曇りの日もあれば雨の日もあります。
しかしどんな天気の日でも、必ず雲の上には「青い空が浮かんでいる」のです。

ですから「(どんな天気であってもその)空の上には/もっと青い空が浮かんでいる」と、省略法が用いられているとも考えられます。

そして、この二行は題名とつなげて考えることにより「どんな天気の日であっても、その向こうには明るい未来が確かにあり、それは今は見えないだけである」という、この詩の主題を比喩によって表現してると考えられます。

「波の底には/もっと大きな海が眠っている」も同じです。

目に見える表面的な「波」がどんなに荒れていても、その下には静かで深い「海」が「眠っている」のです。

海は眠るわけがありませんから、これは擬人法です。
自分の中にある海のような大きく深い気持ちが、まだ目覚めていない状態を、これもまた比喩によって説明していると考えられます。

次の「胸の奥で/ことばがはぐくんでいる優しい世界」「次の垣根で/蕾をさし出している美しい季節」「少し遠くで/待ちかねている新しい友達」の三つも対句です。
「~で/~(体言止め)」という形によって読者にインパクトを与えようとしています。

「言葉がはぐくんでいる優しい世界」のある場所は「胸の奥」です。
「胸の奥」は比喩で、個人の内面をあらわします。
難しい言葉で言うと「内言」の世界です。精神世界と言ってもよいでしょう。
私たちは「ことば」によってものを考えたりはっきり感じたりします。いろいろな考えや漢字を「ことば」でつかまえることによって、はじめてそれが何かを知ることができるのです。
そしてすべての「ことば」の後ろには、優しい心が育っているはずだ、ということです。

例えば友だちと喧嘩をしたとします。どんなにののしりあったとしても、胸の奥には「ごめんね」という気持ちがあり、今はその「ごめんね」という言葉が「見えないだけ」である、と作者は言いたいのではないでしょうか。

この二行は「あなたの心には、言葉によって形作られる優しい気持ちが常にある」という意味だと思います。

「次の垣根で/蕾を差し出している美しい季節」の「次の垣根」は、今歩いている道の向こうにあります。
ですから未来の比喩です。
この未来は、時間的・空間的なものです。物理学的な世界ですね。

「蕾」に象徴される美しいけれど未完成なものが、読者に差し出されているのだ、と隠喩を用いて表現されています。

では「差し出している」のは誰でしょう。「季節」です。ですからこれは擬人法です。

この二行は「あなたの未来には『蕾』に象徴されるような美しいものである。」というくらいの意味でしょう。

「少し遠くで/待ちかねている新しい友だち」は、人間関係、つまり社会的な世界を示しています。「友だち」ですから既にあなたに好意的な人物です。
「新しい友だち」ですから、現在のあなたには未知の人物です。あるいは既知の人物かも知れませんが、今後好意的になるはずの人です。

この二行は「自分から少し離れたところには、あなたと友だちになろうとしている人物がきっといる。」という意味です。

これら「世界」「季節」「友だち」それぞれが「優しい」「美しい」「新しい」と、ポジティブな言葉で表現されています。
精神的にも物理的にも社会的にも明るい将来が待っているのだ、と言いたいのでしょう。
「はぐくんでいる」「さし出している」「待ちかねている」と、既に未来に準備され、あなたが気づいてくれるのを待っている、スタンバっている状態であるのです。

ここで注目したいのは「胸の奥」「次の垣根(これも比喩です)」「少し遠く」と、少しずつ距離的に遠くになっている点です。
これは、「まず自分の優しさに気づきなさい、そうすれば運命が変わるよ。そうすればあなたに好意的な人物が必ず現れる」という作者の思想(お説教?)であるとも考えられます。
ですから「はぐくんでいる(既に育てている)」「さし出している(向こうの方から行動を起こしている)」「待ちかねている(待機している)」と微妙に変化しているのではないでしょうか。

第二連

第二連では、これらのポジティブな世界の広がりを「あんなに確かに在るもの」とし、現在はそれが「見えないだけ」であるといっています。
ここからは、素晴らしいものが確かに存在し、それは君のために準備され待っていてくれている。今のあなたはそれがわからないだけなのだ。(だから、未来を信じてまず自分から変わっていこう。)という作者からのメッセージが感じられます。

年度のスタートにあたり、未来に対して前向きに生きていこう、という光村図書なりのメッセージなのでしょう。

ちなみに、この教材は教科書の最初の単元「広がる学びへ」の一つです。他に「 アイスプラネット」と「枕草子」が主な教材として扱われています。ですから、この詩の主題は「アイスプラネット」や「枕草子」と強く関係しています。どのような関係があるのか考えてみましょう。

・・・・・・・・・・

ここに載っている内容をわかりやすく解説したものに、予想問題をつけたワークシートをBOOTHのショップで販売しています。興味のある方はこちらへどうぞ。

このブログをもとに、姉妹HP「十種神宝 学習の手引き」を作成しました。
ぜひこちらをご覧下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここに載っている内容をわかりやすく解説したものに、予想問題をつけたワークシートをBOOTHのショップで販売しています。興味のある方はこちらへどうぞ。

この記事は、「十種神宝」姉妹サイト「国語学習の手引き」をもとに作成しました。興味のある方はこちらへどうぞ。

・・・・・・・・・・
野原はうたう

中学に入学して最初の教材です。指導事項として、指導書には次の二つがあげられています。
  • ア 文脈の中における語句の意味を的確にとらえ、理解すること。
  • (ア)音声の働きや仕組みについて関心をもち、理解を深めること。
詩は文学的文章です。
詩の文脈の中における語句の意味を的確にとらえるということは、具体的には、次もの二つのことがポイントだと思います。
  • 文学的文章読解の基本である状況設定(いつ・どこで・だれが・何をしたか)を的確にとらえること。そしてその時の登場人物の心情を文で表現すること。
  • 用いられているレトリックをもとに、作者は何を印象的に表現しようとしたかをとらえること。
この二つは今後、文学的文章を読解する際に常に留意しなくてはいけないことです。
この二つのポインれが指導事項「文脈の中における語句の意味を的確にとらえ、理解すること。」となります。

そして、この状況設定とレトリックの二つをもとに作品を解釈してこそ、音読が朗読につながり、二番目の指導事項「音声の働きや仕組みについて関心をもち、理解を深めること。」に発展していくのだと思います。

しかし、この「野原はうたう」の扱いは1時間しかありません。
これではとても文学的文章読解の基礎を教え、理解から表現(朗読や文による説明)にまでつなげていくことは不可能です。

そこで次の「声を届ける/書き留める/調べる/続けてみよう」の4時間とあわせて、5時間扱いとしています。

この教材で私は、中学最初の文学的文章の学習として、文学的文章の読み方の基本を教えています。

1時間目 あしたこそ たんぽぽ あすか

この詩の作者、工藤直子と言えば、生徒たちは小学校一年生の「ふきのとう」という教材の作者です。
  •  よが あけました。あさの ひかりを あびて、竹やぶの 竹の はっぱが、「さむかったね。」「うん、さむかったね。」と ささやいています。雪が まだ すこし のこっていて、あたりは しんと しています。
s-2f6a96802dd45a2ec6d3a94a4ceed5d0_s

冒頭を読んでやると、生徒は思い出すと思います。

そして生徒に「これはいつ、どこの話?誰の話だった?」と問います。多くの生徒は覚えていて答えられると思います。

  • 国語は、何かを説明する文章と、「おはなし」とに分かれています。詩は「おはなし」……文学の仲間です。中学最初の学習として、文学的文章の読み方の基本を学びましょう
  • 文学的文章を読むときはまず、いつ・どこで・だれが・何をしたのか、そしてどう感じたのかをはっきりさせて読むことが基本です。そして「だれ」にあたる人の気持ちを、文できちんと説明できるようになりましょう。
と説明します。
ここまでで授業の前半が終わります。
たんぽぽ

「あしたこそ」でまず指導しなくてはならない内容はです。
段落という言葉は小学校で習っていますから、「詩における段落のようなもの」で、一行空けることを教えます。

第1連から「いつ・どこで・だれが・何をしているか」が、どこからわかるか・なぜそう言えるのかを問います。
そして第一連は、昼間・野原で・たんぽぽが・そよ風の中で綿毛を空に舞い上がらせている状況を説明していることを、きちんと言葉で説明させるのです。

この中から「ひかりを おでこに/くっつけて」は比喩というレトリックであることを押さえます。

作者は意図的にレトリックを用いています。つまり、作者はその部分を読者に印象づけたかったのです。
この比喩から、明るい、天気の良い日中であることや、綿毛の一つ一つが光り輝いている様子が生き生きと連想されることを説明し、「文学的文章にはレトリックがたくさん出てくるから、種類をしっかり覚えておこう」と告げます。

更に「なぜたんぽぽは、綿毛を舞い上がらせているのでしょう。」と問います。

「風が吹いているから」というような答えを「その通りですね」と躱して、「国語の答えのヒントは、必ず文章の中にあります。ヒントを探しましょう。」と返します。
気づいて欲しいのは、直前の「はなくらく ひを/ゆめにみて」であり、綿毛についている種が地面に落ちて、芽が出て花が咲く日を思い描きながらタンポポは綿毛を舞い上がらせているのだ、ということをおさえていきます。

これらは、こちらから説明するのではなく、教師が質問し、生徒に答えさせるべき内容です。
レトリックで表現されている内容は、多くの生徒は読んだだけでわかると思いますが、そのわかったことを言葉にして表現することが国語科では大切なのだと思います。

私は、この力が小学校で鍛えられたかどうかを、このあたりで見切り、その後の指導の参考にしていきます。

第2連は倒置法が用いられています。
普通の順序に並べかえると、
  • あした/たくさんの「こんにちは」に/であうために/どこまでも/とんでいこう
となります。
そして、倒置法では一番最初にくる言葉が一番言いたい言葉であることをおさえます。

「たくさんの『こんにちは』」は、比喩です。
ここでタンポポ(の綿毛)の気持ちを書かせ、発表させ、一時間目を終わります。

・・・・・・・・・・

ここに載っている内容をわかりやすく解説したものに、予想問題をつけたワークシートをBOOTHのショップで販売しています。興味のある方はこちらへどうぞ。

この記事は、「十種神宝」姉妹サイト「国語学習の手引き」をもとに作成しました。興味のある方はこちらへどうぞ。


国語科教育ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ